読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PUKUMILOG

日々徒然/雑文/観察記録

今日の私は怒っている

引越しに関してのトラブルの話です。

 

今回使った引越し業者は自分で選んだわけではなくダンナちゃんの会社と提携している引越し会社を使用しているというのが前提。業界大手の某サ●イ。

f:id:pukumiweblog:20170317011917p:image

 

そもそも私はこのサ●イが嫌いです。

以前個人的に引越しがあった際に引越しの見積もりサイトに登録した時のこと…、連絡手段メールのみ/電話連絡不可にしているのになんと夜の23時に営業電話をかけてきた。

見積もりのアポのための訪問では連絡なく遅刻。

 

もう本当こういうの接客業としてありえない…

 

というわけで嫌々サ●イで引越し。

f:id:pukumiweblog:20170317011946j:image

 

①物の紛失(米びつ)

②知らない物の混入

③家具の破損

 

トラブルの内容としては、主にこんな感じ。引越し業者としては『マジ使えねー』レベルです。無礼な上に無能とか…

 

①に関してはどうでもいい。ほんと。

 

②はなんと、伊勢神宮の神棚に飾るお札?のような物が…

f:id:pukumiweblog:20170315224721j:image

⇧こういうのちなみに中身は天照大神のお札でした。

どこから紛れたのか…ちなみにサ●イの作業員が梱包した扇風機と一緒の箱に入っていました。神様だと思うとぞんざいに扱えないので後日近くの神社に奉納することになりそうです。

 

③キッチンカウンターの脚の破損

これが1番応えました…組立家具で安いものでしたがサイズ感やデザインも気に入って使っていました。でもすでに4〜5年使用しているものに『弁償』『修理』(どうみても修理できそうに見えなかった)というのは望んでいなかったのでとにかくこちら側としては『処分』を要望していました。以下バーサク状態の私と担当者との会話。

 

私「脚が破損して、自立しない家具がある時点で邪魔なので引き取ってください」

担「某サ●イでは家具の処分のお承りはしていません。まずは修理させていただきます」

私「修理できるのかご自身で目視確認してお話されてますか?」

担「いいえまだですが。弊社の規定では…」

私「御社のシステムや規定はどうでもいいのでお宅様のミスでこうなったものを処分してほしいというのが私どもの要望でそれ以外は認めないって言ってるの理解してます?」

担「ですが弊社の規定では…」

私「ていうか、仮に修理出すとしてまずは修理かできるかの診断→修理完了という流れになると思うんですが、その期間はどのくらいで修理できなかった場合はどうなるんですか?」

担「上のものに確認して折り返しお電話を…」

私「ふーん、それでよく担当名乗れますね〜」

私「ていうか、あなた一度も謝罪してないって気がついてます?」

担「あ、まことに申し訳ございません」

私「で。もう一回言いますね。うちは弁償も修理も望んでません、引き取って処分してください」

担「かしこまりました。」

私(最初からそう言えよ)→心の声

 

大まかな流れはこんな感じでした…

現場の撤収時作業員からは破損確認など一切なく、確認書の控えも渡されず(搬入完了後に渡されると思っていたら搬入と撤収の確認書は別々に渡されるとのことだった)搬入時の作業員からはっきりと「うちの確認不足と搬入ミスです」という言葉も引き出していたので結構強気でいきました(笑)

 

その後も家電の設置などにも一悶着ありバタバタどころの騒ぎじゃありませんでした!

 

怒ると寿命が縮まるらしいのであんまり怒らせないで‼︎

 

こんなんじゃお腹いっぱいにならないよ

生活術・ライフハックランキング